島村楽器 イオンモール甲府昭和店 シマブロ

島村楽器 イオンモール甲府昭和店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

あなたのエフェクターボード、、、リニューアルしませんか? 読書編

f:id:shima_c_kofu:20180412171551j:plain
ギターリストの皆さん!
エフェクター踏んでますか?

今回は番外編です!
ご紹介するのはエフェクターフリークには欠かせないこの本、、

THE EFFECTER BOOK Vol.39
f:id:shima_c_kofu:20180316171510j:plain

タイトル 売価 発売日
THE EFFECTER BOOK Vol.39 ¥1,620 2018/3/12

エフェクターだけをまとめた超マニアック本です。
毎号一つのタイプのエフェクターの特集が組まれ、そのエフェクターのサウンド、内部部品、使用方法、系統エフェクターなどが細かく書かれています。
マニアにはたまりませんね。
そんな先月のTHE EFFECTER BOOKはFUZZの1つである「FUZZ FACE」の特集でした。
あまり「FUZZ FACE」に触れてこなかった私も、
この本を読み終わる頃にはネットで「FUZZ FACE」の機種を調べまくる程「FUZZ FACE」好きになっていました(笑)

そして今月号で特集されたのは、、「TUBE SCREAMER」
f:id:shima_c_kofu:20180316171709p:plain
このエフェクターを通らないギターリストはいないんじゃないかと思うくらい有名な機種ですね。
1979年にIbanezから発売された「TUBE SCREAMER TS-808」は様々なギターリストに使われ、
今や「TUBE SCREAMER」略してTS系と言われる分野を作った偉大なエフェクターであります。
Ibanezの「TUBE SCREAMER」を持っていなくても、
今お持ちのエフェクターの中に「TUBE SCREAMER」の血を引き継いだ、TS系のエフェクターを持っている方も多いのではないでしょうか。

今号では初期のTS-808や現行モデルのTS808、TS9、TS10などのパーツやサウンドについて細かく記載されております。
そして、、個人的に何より注目してほしいのが、メーカーのインタビューページ!
めちゃくちゃ豪華です(笑)
少しご紹介しますと、
「TUBE SCREAMER」生みの親「星野楽器」様、
「FULLTONE」を創立した「マイク・フラー」氏、
「BJFE」「One Control」でおなじみ「ビヨン・ユール」氏、
日本からはNOSパーツを使った「Nature Sound」の「薫田」氏
などがインタビューに答えています。
錚々たるメンバーです、、
「FULLTONE」大好きな私は興奮しながらこのインタビューに噛り付いていました(笑)

エフェクターフリークの方!!
店頭で見つけたら是非手に取ってみてください!

kofu.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.