島村楽器 イオンモール甲府昭和店 シマブロ

島村楽器 イオンモール甲府昭和店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

あなたのエフェクターボード、、、リニューアルしませんか?Vol.3~あなたのエフェクターボード製作録 Loop3~

f:id:shima_c_kofu:20180412171551j:plain

ギターリストの皆さん!
エフェクター踏んでますか?

最近とある人に音色の良し悪しはエフェクターじゃない
と言われたけどそれでもエフェクターにロマンを追い求める坂本です。

f:id:shima_c_kofu:20171108104804j:plain

今回はユーザーの方のエフェクターボードを作成させて頂きました!!

今回のエフェクターボードの主な目的としては、、、

スイッチャーの導入
■電源の安定化
アンプのセンドリターンを活用
■低ノイズ

です!

早速使用した機材をご紹介!!

機材リスト

BOSS

ES-8

f:id:shima_c_kofu:20180123133645j:plain

型名 価格(込) 商品名
ES-8 ¥75,600 スイッチャー

今回最も苦しめられた多機能スイッチャーです!
このスイッチャーはLOOPのON/OFFだけでなく、
エフェクターの順番の入れ替えや並列接続、パッチを変更しても残響音が残るキャリーオーバー機能などが搭載された未来のスイッチャーなのです!

Free the tone

PT-1D

f:id:shima_c_kofu:20180123133712p:plain

型名 価格(込) 商品名
PT-1D ¥24.840 パワーサプライ

皆さんおなじみFree the toneのパワーサプライ「PT-1D」!
とりあえずこのパワーサプライを導入すればノイズ無くなるんじゃないかな、
と思うくらい優秀なパワーサプライです!
今回も大活躍してくれました!

CAJ

IN AND OUT

f:id:shima_c_kofu:20180123133751j:plain

型名 価格(込) 商品名
IN AND OUT ¥13,176 ジャンクションボックス

バッファ付きジャンクションボックス!
これ一つでエフェクターボードのIN/OUTプットをまとめてくれます!
今回は使用していませんが、使い方によってはアンプのチャンネルの操作等も出来る優れものです!

One Control

Junction box

f:id:shima_c_kofu:20171108105833j:plain

型名 価格(込) 商品名
Junction box ¥3,780 ジャンクションボックス

以前もご紹介したジャンクションボックス!
今回はアンプのセンドリターンに繋ぐためのIN/OUTとして使いました!

Free the tone

ソルダーレスケーブル

f:id:shima_c_kofu:20171108105659p:plain

型名 価格(込) 商品名
SLK-SL-55 ¥10.314 パッチケーブル

好きな長さにケーブルを切って接続が出来るパッチケーブル
半田付けも必要なく、サウンドも最高の1本です!

作業開始!!

まずは位置決め!

f:id:shima_c_kofu:20180122211318j:plain
基本的にはスイッチャー「ES-8」で操作をするのですが、
スイッチが2つありスイッチャーでは操作できない「Empress HEAVY」、「Strymon Bluesky」
の2つのエフェクターは手前に置き、足で操作できるようレイアウトしました。
「Bogner Ecstasy Red」もスイッチが2つあるのですが、
こちらはRemoteジャックが付いているので、「ES-8」で切れ替えが出来るよう設定します。

マジックテープでエフェクターを固定!

f:id:shima_c_kofu:20180122211914j:plain
f:id:shima_c_kofu:20180122212751j:plain
エフェクターケースに「アルモア PS-1C」という頑丈なボードを採用しているのですが、
こちらはボードに雌マジックテープが張られていません。
なので雄雌のマジックテープをつけて固定していきます。

f:id:shima_c_kofu:20180122212214j:plain
邪魔なゴム足はこの場で取っていきます!
取りながら少し驚いたのですが、
基本的にゴム足はネジか両面テープで止めてあるのですが、
今回組み込む「Empress HEAVY」はゴム足が画像の様に嵌めてあるんです!
f:id:shima_c_kofu:20180122212539j:plain
こういう所にグッときちゃいますね(笑)

DCケーブルを配線!

まずはDCケーブルを繋ぎ整えていきます。
f:id:shima_c_kofu:20180122212704j:plain
パワーサプライの「PT-1D」には頑張っていただきました!
全ての穴という穴にプラグが刺さっている状態です。
電源消費の大きいデジタルエフェクターはコンセント差しにし、
刺さらない分のデジタルエフェクターは大容量出力のハイカレントジャックに取り付けました。

ケーブルを作成!

こちらもおなじみFree the toneのソルダーレスケーブルを使って配線をしました。
ここが一番時間がかかるのですが、焦らず長さを合わせて作っていきます!
f:id:shima_c_kofu:20171108105659p:plain

最後にタイラップでDCケーブルシールドをそれぞれまとめて、、、

f:id:shima_c_kofu:20180122213651j:plain
完成

Input
CAJ:In and out

BOSS:ES-8
LOOP1 WAH HUGE:Overrated Special
LOOP2 Leqtique:Maestoso Cloudy White Limited
LOOP3 EMMA:PisdiYAUwot
LOOP4 Bogner:Ecstasy Red
LOOP5 Empress:HEAVY
LOOP6 BOSS:AC-3
LOOP7 Strymon:BlueSky

TUNER OUT: KORG:Pitchblack Custom
CTL1 OUTBogner:Ecstasy Red Remoteジャック(Boost切り替え)
OUT1/LOneControl:Junction boxアンプReternジャック
RETERN VOL OUTOneControl:Junction boxアンプSendジャック
SEND VOL OUTCAJ:In and out

Output

エフェクターケース・・・AROMR:PS-1C
パワーサプライ・・・Free the tone:PT-1D
パッチケーブル・・・Free the tone:SOLDERLESS CABLE


ここまでおおきなボードになってくると作り甲斐もありますね
ただ今回は作って終わりではなく、
スイッチャーのプログラミングをしていきます。
「ES-8」は前述したとおり多機能で自由度の高いスイッチャーです。
今回はお客様の希望で、
■選択中のチャンネルを2度押しするとStrymonBlueSky(リバーブがかかる
8chBogner Ecstasy RedのBoostの切り替えに使う
■空間系のみはヴォリュームループを使ってセンドリターンに繋ぐ

です!
説明書とにらめっこしながら設定完了!
たぶん1時間くらい設定に悩んでた気がします(笑)

これからは踏み倒して使っていって下さい!

kofu.shimablo.com

www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.